大腸がんは知識を豊富にもっている医者に相談しよう

ナース

早期発見が大切

カウンセリング

早期発見が大切

大腸は食べ物が消化吸収されたものの最終処理を行うところです。主に水分の吸収を行う場所です。その大腸に悪性腫瘍ができると大腸がんです。大腸がんは、進行していないと症状を感じることは少なく、症状が出てくるとかなり進行していることが多いです。また、進行してしまった場合、膵臓や肝臓、肺などにも転移してしまうことがあり、腹痛の症状で病院を受診したら大腸がんであったという事もあります。しかし、大腸がんは早期発見することが出来るとかなりの確率で転移もなく完治する病気です。また早期発見の場合は開腹することなく手術が出来るので体の負担も軽くなります。会社の健康診断などで早期発見され完治する方もいます。年に一度はがんの検診を受けることがとても大切です。

便の状態が変化する

大腸がんの症状で分かりやすいのは血便です。しかし、血便は見逃すこともあるので、時々自分の便を確認してみるのは大切なことです。血便が起こると痔と勘違いして発見が遅れてしまうことがあります。血便が起こったら、痔の場合でも念のため病院を受診した方が良いです。肛門に近い直腸からの出血の場合は血が出ていると赤くなるので分かりやすいですが、上行結腸や横行結腸、下行結腸の場合は出血してから時間がたっているので黒っぽくなっているので分からないことがあります。どす黒く便に絡みつくような感じなら注意が必要です。また、不自然に黒い場合は念のため病院で確認した方が良いです。このように大腸がんは便の状態が健康な時と少し変化するのが特徴です。時おりトイレを振り返り便を確認することは必要です。